☆日下無双(日本酒)☆

さて今日は、村重酒造の日本酒「日下無双」(720ml、1250円)である。「くさか」と読むのかと思ったら、「ひのしたむそう」だそうです。当時さんの名前が日下なのね。酒米は西都の雫で精米歩合は60%。赤い瓶って、珍しいですよね。龍泉くらいか?飲んでみる。おぉ、いい感じ。すっきりとした印象が全体を包む。甘くはないが旨味はある。酸が効いていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆舞美人 特別純米(日本酒)☆

さて今日は、美川酒造場の「舞美人 特別純米」(1800ml、2800円)である。ラベルには酒米の表示はなし。精米歩合は60%。無濾過生原酒のようですね。飲んでみる。もっと熟成感のある野太い味だと想像していたら、なんのなんの、旨口のお酒でした。透明感もあり、冷酒系だと思います。後口にやや苦味?渋味?らしきものが残りますが、アクセントとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆中島屋 秋上がり(日本酒)☆

さて今日は、中島屋酒造場の日本酒「中島屋 秋上がり 純米無濾過原酒」(720ml、1350円)である。カネナカの中島屋さんです。22byです。酒米は山田錦で精米歩合は60%。酸度は1・8だ。飲んでみる。んー、相変わらず渋い味わいです。the燗酒ですね。かなり熱い温度もいける感じ。熟成香と渋みのある味わいが、なんともいえず。カネナカほどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆倭小槌 純米大吟醸(日本酒)☆

さて今日は、井澤本家の日本酒「倭小槌 純米大吟醸」(720ml)である。元旦に飲んだ倭小槌は平成8年でしたが、こちらは平成17年6月製造。約6年半の古酒ですね。酒米は福の花で精米歩合は50%。飲んでみる。おぉ、これもなかなか心地よい熟成。萌黄ほどの穏やかさはありませんが、甘さを抑えた渋めの味わい。それでいて酸はちゃんと感じるんですよね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆倭小槌 萌黄☆あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。元旦に開栓した酒は、井澤本家の日本酒「倭小槌 萌黄」(1800ml、4200円)である。このお酒、ラベルに印刷されている製造(出荷?)年月が平成8年12月。約15年の古酒です。お付き合いしている酒屋さんの冷蔵庫でじっくりと熟成させたそうです。いや、本当にありがたい。精米歩合は書いてありませんが、純米吟醸だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のお酒を振り返る

今年もいろんなお酒を飲ませていただきました。生来のさぼり癖のため、全てをこのブログにアップしている訳ではないのですが、飲んだお酒の上位5酒を選びたいと思います。 十四代 槽垂れ 天領 酣 カネナカ さか松 純米大吟醸 写楽 純米吟醸 初めて十四代を選んでしまいました。こういう非常に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆田酒 古城乃錦 純米吟醸(日本酒)☆

さて今日は、西田酒造店の日本酒「田酒 古城乃錦 純米吟醸」(1800ml)である。以前の古城乃錦は四合瓶で純米大吟醸でしたが、これは純米吟醸で一升瓶です。酒米はもちろん古城乃錦で精米歩合は55%。実は2本を見比べたのですが、なぜか生詰めと生の2種類がありました。どっちなんだろう?飲んでみる。ん、なぜかカルキ臭がする。しかも飲んだあと、か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more